MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 江戸川道場 福田京汰 初段昇段レポート(2021年9月5日)

江戸川道場 福田京汰 初段昇段レポート(2021年9月5日)

2021.10.22
昇段レポート

この度、昇段審査を受けさせて頂き誠にありがとうございました。

私が新極真会に入門したのは、ちょうど12年前でした。
あの頃私はまだ小学校1年生でたびたびTVで流れる格闘技を見たり、今思えば友達と喧嘩や暴力などを振るっていた時代でした。

そんな時、ふとユアスポーツで空手が行われているという事を知り、私は空手の世界に踏み入りました。
そこが私の空手への第一歩でした。

週に1回空手のためにユアスポーツに行き道場訓から始まり基本稽古、移動稽古、そして最後に組手をして終わる。全てが初めて付くしで楽しく練習をしていた事を今でも覚えています。
そこから遠田先生に現在の江戸川道場に誘われ、本当の意味で空手への世界に足を踏み入れたと思います。

道場での稽古ははっきり言ってユアスポーツでの練習ほど生温いものではありませんでした。
特に組手の相手のレベルが格段に高く動揺と焦りを感じました。

遅い時間での稽古は特に組手が多くとても辛かった事を今でも覚えています。
次第に組手や型の大会に出場する様になり、結果はあまり奮いませんでしたが良い経験になったと思います。

試合でしか感じる事が出来ない緊張感、勝った時の喜び、負けた時の悔しさ、何とも言えない自分に対する不甲斐なさ、全てがこれからの僕の人生の糧になると信じています。

そして9月5日、昇段審査が行われました。
まず、自分が初めて10人組手を見たのは小学校2年生の時だったと思います。
あれほどの苦行は幼いながら衝撃をおぼえました。
黒帯を得る難しさをその時知りました。

実際に昇段審査を行い、10人組手をやってみてやはり過酷で自分に鞭を入れながら身体を動かしました。
本当に12年間、遠田先生、そしてその他ご教示頂いた先生達、先輩達や道場生、両親に感謝しかありません。

これからも引き続き宜しくお願い致します。

※江戸川道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

江戸川道場 宇野皓成 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 小澤統士 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 岩下尚親 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 肥田大樹 初段昇段レポート(2021年9月5日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ