MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 江戸川道場 肥田大樹 初段昇段レポート(2021年9月5日)

江戸川道場 肥田大樹 初段昇段レポート(2021年9月5日)

2021.10.22
昇段レポート

この度は、遠田道場長より昇段審査を受ける機会を与えてくださり誠にありがとうございました。

私が空手を始めたのは、3歳の頃でした。兄の影響で空手を始めることになりました。
入門した頃は、練習の時、泣きながら道場の隅っこにいたと、よく聞きました。

そして少し年月も経ち、私も兄と同じように、出稽古をさせてもらう事になりました。
そこは、スポーツクラブとは違う世界のようでした。
特に組手の時は、強い先輩や、同級生などに圧倒されました。
同時に、先輩方には優しくしてもらったり、同級生と仲良くしたりして、空手を楽しんでいまし た。

大会では中々思った結果を残せなくて、試合に負けてよく泣いていました。
その時、私には特に武器と言える技がなくて悩んでいました。

そんな時に兄の真似をして膝蹴りをしたら、思った以上に自分に合っていて、これはいい武器になると思いました。
遠田道場長にも褒めてもらったりして自分の膝蹴りに自信を持てるように なっていきました。

そして、中学1年生の時の東京東支部錬成大会では、自分の武器になった膝蹴りを使って試合に出ました。
その結果優勝することができました。

翌年は、ドリームフェスティバルに出場しました。
大会当日、例年とは違った開催方法でいつもとは違った緊張感でした。
試合直前もいつもは友人が近くで励ましてくれましたが、話す相手もセコンドもなく、いつも以上に緊張していました。
結果は、1回戦負けでした。
悔しさと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

昇段審査では、不安が多くとても緊張していました。
十人組手では、最後が3歳頃からお世話になっている嶋村先輩ということだったので込み上げるものがありました。

私がここまで続けることができたのは、遠田道場長、嶋村先輩をはじめ、先輩方、家族のおかげです。
また私にとって、一緒に戦う仲間がいてくれたのは大きかったです。

空手を通して礼儀、人との関わり方など学ぶことができました。
一生大切にします。
また、日々 感謝を忘れず練習に励んでいきます。

そして黒帯という帯の色に恥じないよう日々努めていきます。押忍

※江戸川道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

江戸川道場 岩下尚親 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 小澤統士 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 柴田拓弥 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 小倉一彦 初段昇段レポート(2021年9月5日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ