MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 江戸川道場 岩下尚親 初段昇段レポート(2021年9月5日)

江戸川道場 岩下尚親 初段昇段レポート(2021年9月5日)

2021.10.22
昇段レポート

この度は、昇段のお許しをいただき本当にありがとうございます。

僕は、3歳で空手を始めた当初は、試合に出ることや練習に参加することも緊張して怖がっていました。
出稽古に行ってみると、高い目標を持った仲間や先輩がたくさんいて衝撃を受けました。
最初は道場に行く回数も少なく、なかなか試合で良い結果を出すことが出来ずにいた中で、遠田道場長の「試合で優勝するのは、そのトーナメントの中で一番練習した人だよ」という言葉で、稽古の重要さに気が付くことができました。
たくさんの努力が結果に繋がると分かり、それから道場に通う日を増やし欠かさず行くようにしました。

僕は学年の中では身体が小さいほうです。
自分よりも大きい相手と組手をすることがとても多いですが、常に「負けたくない」という気持ちをもってのぞむようにしています。

先輩方の胸を借りて一緒に稽古をさせていただき、ドリームフェスティバルで優勝することができた時は涙が出るほど嬉しかったです。
でもそこで決して満足せず、今も、より高い目標に向かって、日々練習をさせて頂いています。

審査当日は、型や移動稽古など今まで練習してきたことをしっかりと発揮することが出来ました。
十人組手の時は、一回一回組手が終わるごとに道場長や先輩、仲間のみんなが励ましの声をかけてくれてとても力になりました。

最後の10人目は兄でした。
終わった時に兄が肩を叩いて労ってくれて、今まで共に頑張ってきたことを思い出すと同時に、達成できた安心感がこみ上げました。

今の僕があるのは、遠田道場長の言葉や存在、先輩方、一緒に稽古をしてくれる仲間達、家族のおかげです。
これからは、今まで先輩にしていただいたことに感謝し、黒帯として道場長や先輩方に恩返しできるように、道場や後輩の力になれるように頑張りたいです。
これからもよろしくお願いいたします。押忍

※江戸川道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

江戸川道場 岩下侑誠 初段昇段レポート(2021年3月28日)
江戸川道場 柴田拓弥 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 小澤統士 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 嶋田慎吾 初段昇段レポート(2021年3月28日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ