MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 徳島北東あわじ支部 阿木孝二 初段昇段レポート(2022年4月17日)

徳島北東あわじ支部 阿木孝二 初段昇段レポート(2022年4月17日)

2022.05.23
昇段レポート

この度は、昇段のお許しをいただき、誠にありがとうございました。

審査の機会を与えて下さった前川師範をはじめ、忙しい中、また遠方よりお集まり頂き相手をして下さった先輩方に厚く御礼申し上げます。
ここまで来るのに本当に長い道のりでした。
三九歳で空手(他流派)を始め、目標は、黒帯を取る事と試合に勝つ事でした。

六年間頑張りましたが試合に勝つ事は出来ても、帯の色は緑色から変わる事はありませんでした。
そうこうするうちに試合に出ても勝てなくなり、とうとうやめてしまったのです。

しかし、空手をやりたい気持ちは変わらず、前から興味があった沖縄空手に入門しました。
ただ試合のルールが私のスタイルとは合わず半年程でやめてしまいました。

暫くもやもやした日々が続きましたが、ある日新極真会の文字が目に留まり、入門しました。

その時の前川師範は、本当に優しい笑顔で迎えてくれました。
十六年前の事でした。

それから五年が経ち何度か試合にも勝ち、茶帯(一級)を頂きました。

この頃から仕事が忙しくなり、思う様に稽古に行けなくなり、また体調を崩し何度か身体にメスも入れました。
慢性的な肘と膝の痛みにも悩まされていました。
気付けば齢六三歳を越えていました。

このまま終ってしまうのか、空手を始めた時の目標を達成したく、思い切って師範に昇段の受審をお願いし、受諾して頂きました。

それから受審までの間、自分なりに頑張りましたが若い頃の様には全く動けません。
ノーモーションでの上段蹴りも、今や足が上がりませんでした。

こんな状態で受審の日を迎えました。
道場に入ると地に足がついていないような感覚になり、先輩方の顔を見ると十人組手を完遂できるのか、物凄く不安になりました。

此の期に及んで迷っても仕方ないと思い今までの経験を精一杯ぶつける事にしました。

審査は進み、いよいよ十人組手の時には、何故か身体の力が抜け自然に技が出せるようになっていました。
頭は何も考えてなかったように思います。

空手を始めて二十数年、こんな感覚は初めてです。
無の境地とはこうゆうことのなかと思いました。
当初は二~三人でダウンするのではないかと心配していましたが、何とか最後まで立っていられました。
本当にいい経験をさせて頂きました。
審査に携わって頂いたすべての人に感謝致します。
ありがとうございました。

今後は、師範の様に強さを伴った優しい笑顔で人と接して行ける様に心身共に鍛えていきたいと思っています。押忍

※徳島北東あわじ支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

徳島北東あわじ支部昇級者(2022年4月17日・21日)
栃木支部昇級者(2022年4月17日)
大分県央支部昇級者(2022年4月17日)
大阪東部支部昇級者(2022年4月17日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ