MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 三重北道場 藤田昌寛 初段昇段レポート(2023年1月29日)

三重北道場 藤田昌寛 初段昇段レポート(2023年1月29日)

2023.03.22
昇段レポート

この度、昇段のお許しをいただき、ありがとうございました。
私を支えて下さった多くの方々に、このレポートをお借りして、お礼を申し上げます。
 
空手を始めたばかりの私に、自ら基本を丁寧に指導してくださった、大阪北摂支部・和田師範。
入り口が良かったために、今日まで続けて来られたものと思っております。
ありがとうございました。
 
私の空手ライフで最も長い期間お世話になったのが京都南支部。
村山師範と道場生の皆さんです。
私の組手は、村山師範のご指導を受けたと分かるようなスタイルだと言われたことがあり、最大の誉め言葉だと思っております。
同世代の道場生も多く、稽古後の自主トレも和気あいあいとご一緒でき、楽しかったです。
ありがとうございました。
 
新潟の上越市へ1年半、長期出張した際には、新潟支部の樋口師範代と道場生の皆さんに大変お世話になりました。
ありがとうございました。
師範代の空手への情熱には感銘を受けましたし、今でも連絡し合える友にも出会うことができました。
 
現在も続く転勤・単身赴任により、当時の西東海支部・三重北道場にお世話になることとなりました。
稽古では、久野師範自ら組手の輪の中に入られて、世界で活躍されたそのスケールの大きな組手に感動したのを覚えています。
今回の昇段審査でもいろいろご指導賜り、ありがとうございました。
 
そして現在の総本部直轄・三重北道場。服部道場長が受審のきっかけを与えて下さり、また決心後も審査に向けたご指導をいただきました。
ありがとうございました。

道場生の皆さまも、昇段審査メニューの稽古が続きましたが、お付き合いいただき、感謝の念に堪えません。
特に、審査に向けた自主練にもお付き合いいただき、親身になって相談に乗ってくださった原先輩。
ありがとうございました。
このご恩を今後、お返ししていきます。

※三重北道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

三重北道場 山上裕聖 初段昇段レポート(2023年1月29日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ