MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 愛知中央支部 梅原蒼平 初段昇段レポート(2023年4月23日)

愛知中央支部 梅原蒼平 初段昇段レポート(2023年4月23日)

2023.05.31
昇段レポート

この度は昇段審査を受ける機会を頂き、また昇段のお許しを頂き誠にありがとうございました。

4歳の頃、父親に勧められたのをきっかけに空手を始めました。
小学校低学年の頃は年に1,2試合ほどしか出場していなかったのですが、いつしか他支部の試合にも出場するようになりました。
しかし、中々結果が残せず練習はどんどんときびしくなっていきました。

何度も練習がイヤになりましたが、山本師範から選手稽古に誘って頂き、少しずつ結果を残せるようになり自分に自信を持てるようになりました。
あの時から続く努力が今回の昇段にとても影響していると思いました。

中学2年生の終わりがけ、昇段審査を受けるお許しを頂きそれに向けて今まで以上に基本や移動、型の稽古にも力を入れ昇段審査のために全力で準備をしました。
たくさんの人から応援されながら向かえた審査は、ワクワクと緊張で心がいっぱいでした。
10人組手に進むにあたってより一層気持ちが入りました。
たくさんの人からの応援のおかげで、とても苦しかった10人組手も全力で悔いなくやりきることができました。

結果が分かるまでの間は不安に感じていましたが、師範より合格との知らせを受けた時、安心と嬉しさがあふれました。
と、同時に黒帯としての自覚を持ち、より一層空手と向き合っていく決意を固めました。

最後になりましたが、指導して下さった山本師範、高田師範代、清水先生、先輩方応援して下さった皆様方、そして一番身近で応援してくれた家族本当にありがとうございました。押忍

※愛知中央支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

愛知中央支部 奥村航 初段昇段レポート(2023年1月29日)
愛知中央支部 長谷川卓海 初段昇段レポート(2023年1月29日)
愛知中央支部 畠中もみじ 初段昇段レポート(2023年1月29日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ