MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京江戸川支部 五十嵐愛翔 初段昇段レポート(2023年6月4日)

東京江戸川支部 五十嵐愛翔 初段昇段レポート(2023年6月4日)

2023.06.26
昇段レポート

遠田支部長、この度は昇段審査の機会をいただきありがとうございました。

僕が空手を始めたのは6歳です。
偶然空手の道場の前を通った時、興味がわき見学させていただき入門しました。

入門当初は空手のことは無知でしたが、年数を重ねるごとに空手の大変さ精神力の大切さを知りました。
僕は大きな大会での成績は残せていません。
自分の中で限界まで練習して自信があっても途中で敗退することがよくありました。

僕は昔から「のみの心臓」とずっと言われており、大会前は緊張で眠れずまた当日も自分の思うように動けず負けてしまい悔しい思いをしました。
しかし、空手を続けることによって、精神力の大切さ、あきらめないことの大切さに気づき、周りと差がついてきてもその差を埋めるためにさらに練習しました。

この度、先生から昇段審査のお話をいただき、びっくりしてしまい頭の整理が追いつかない程不安になってしまいました。
中学生になり、部活動等で忙しく道場に通う時間が少なくなっていましたが、先生や家族の励ましを受けあきらめない精神で、自宅練習も頑張り挑戦することにしました。

そして審査当日は緊張してしまい、くじけそうになりましたが、十人組手では倒れるんじゃないかと思いながらも周りの声援、昇段への思いでやっと立っている状態でした。
その時、十人組手の相手をしてくださった先輩方から声をかけていただき立っていられる元気に変わりました。
「のみの心臓」も克服できたかもしれないほど夢中でした。

空手を辞めずに続けてこられたのは、遠田支部長、嶋村先生、堤先生、道場生の仲間そして家族の励ましのおかげです。
何もない僕をここまで育ててくれて僕の成長にかかわってくれた皆様に感謝しています。

第一の目標にしていた「黒帯」を達成し次は大きな大会で活躍することで道場の後輩たちの見本となる黒帯の似合う先輩になりたいと思います。
これからも空手に精進します。押忍

※東京江戸川支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

東京江戸川支部 染谷奏音 初段昇段レポート(2023年6月4日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ