MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
新極真会ニュース
ホーム > ニュース > ニュース > 新極真会ニュース > 第13回全世界大会日本代表強化合宿最終日

第13回全世界大会日本代表強化合宿最終日

2023.06.18
新極真会ニュース

6月16日~18日の日程で、第13回世界大会日本代表強化合宿が山梨県のグリーンヒルズニューみなみで開催された。男子主将の入来建武、男子副主将の渡辺優作、女子主将の鈴木未紘、女子副主将の野邑心菜を中心に、男女23名(+リザーバー4名。合宿中に4名全員の追加選抜が決定)の日本代表が集結し、『王座死守!』『伝統継承!』を合言葉に過酷な稽古に取り組んだ。最終日となる3日目の模様をお届けする。

選手のコンディションを考慮し、当初予定されていた早朝稽古は行なわれなかったため、最終日は午前稽古1回のみとなり、選手は合宿の集大成として臨んだ。

奥村幸一監督は「泣いても笑ってもこれが最後です。大山倍達総裁はこうおっしゃっていました。『個人で一番大事なのは努力と根性、組織で一番大事なのは団結』。団結して必ず男女ふたつの王座を獲ってください」と檄を飛ばした。基本稽古に続いてはすぐさま組手に入る。塚本徳臣コーチは「何となく入らないで、この2日間やってきたことを意識しよう。頭で考えて何をやるか整理しよう」と語りかけた。

前日、前々日と同様に拍子を刻むリズムの音声が流され、選手たちはテンポを意識しながら2分3ラウンドの組手を繰り返し行なっていく。男子が全員と総当たりになるまで組手が行なわれ、選手たちはすべてを出し切った。その後は2人1組で入念なストレッチが行なわれ、3日間の稽古が終了した。


解散式では三好一男総監督、奥村監督が挨拶を行ない、三好総監督は「世界大会の表彰台に日の丸をつけた人が上がってくれることを期待しています。この合宿は事務局のみなさんのサポートがあってのものだということを忘れないでください。稽古の合間には支部長がモップ掛けをしてくれていました。みなさんはそれを見て何かを感じなければいけないと思います」と感謝の気持ちを持つことの大切さを語った。

奥村監督は「山の頂上を目指す時に、途中の小屋で支えてくれる人がいることを忘れないでください。伝統を途切らせないように、みんなを選んでよかったと言われるように、絶対に男女ダブル優勝を成し遂げてください。そして次世代につないでいってください」とメッセージを送った。

最後は選手を代表して男子主将の入来、男子副主将の渡辺、女子主将の鈴木、女子副主将の野邑が紹介され、入来と鈴木が三好総監督、奥村監督へ決意を述べた。

「総監督、監督、コーチの皆様、ありがとうございました。感謝の気持ちを持って世界大会まで死ぬ気で稽古をして、伝統継承します」(入来)

「3日間感謝しています。王座死守できるように、合宿で学んだことを活かして稽古をがんばっていきます」(鈴木)

27名の日本代表選手が、男女王座死守へ向けて富士の麓で決意を新たにした。


関連コンテンツ

第13回全世界大会日本代表強化合宿初日
第13回全世界大会日本代表強化合宿2日目
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ