MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
メディア
ホーム > ニュース > メディア > 長谷川達矢「優勝するための心がけを見つけて日々精進します」

長谷川達矢「優勝するための心がけを見つけて日々精進します」

2015.10.20
メディア


――日本代表強化合宿は、選手全員が全力を出し切っていました。
「組手とミットが延々と続いていっているように見えたかもしれませんが、いろんなタイプの組手がある中で、それぞれが外国人を想定して闘っていたと思います。距離感、スピード、駆け引き、トップレベルが集まっていましたので本当に勉強になりました」
――第2回JFKO全日本大会では3位に入賞して、日本代表の権利を勝ち取りました。
「良かった所と悪かった所が、同時に見つかる大会でした」
――具体的には、どういう収穫があったんですか。
「良かった所は勝負所で後ろ蹴りを出せたり、バリエーションが増えていたことです。悪かった所は、見すぎて出遅れてしまい、距離が中途半端になってバランスが崩れてしまったことです。離れ際に攻撃をもらって崩されたり、とくに落合(光星)選手との試合では課題が多く見つけられました」
――落合選手との試合は、外国人対策にも通じるのではないですか。
「パワー系の選手に対しては、そうですね。落合選手はパワーがあるのはもちろんなんですが、芯があるというか、肉体の強さを感じました。あと阪本(晋治)選手との試合では、気迫がすごく、鬼気迫るものを感じて焦りました」
――最初から、負ければ現役引退と決めていたようです。
「これが最後の試合だと知り、託されたんだなと思いました。これまで必死にやってきたつもりですが、出られなかった選手の分までもっともっと追い込んでやらなければいけないと思っています」
――世界大会は、みんなの思いがそれぞれに託されているんですね。
「合宿では木元(正資)師範が、アンディ・フグ選手と闘っている世界大会の映像が流れましたが、自分のためだけではなく日本のためにダメージを与える姿に気迫を感じ、勇気をもらいました。もちろん優勝を狙いますが、日本の王座死守に貢献したいと思います」
――意外と初めての日本代表選出なんですよね。
「海外で闘ったことはありますが、世界大会は初めてです。小さい頃からの憧れの舞台なので感慨深いものがあります。支部の男子では自分が初めて世界大会に出場しますので、記憶にも記録にも残れるように全力で闘います」
――そのために必要なことは……。
「稽古で鍛えることも当然ですが、必然的な運もあると思います。山本和也選手と出稽古で一緒になることがありますが、優勝する選手はなにか違うなと感じています。結果を出せる人と出せない人のちょっとの差というか。そうした優勝するための心がけを自分なりに見つけて日々精進します」
――やることをすべてやった上で、日々の行ないが結果に反映されるのは本当かもしれませんね。
「そう信じています。小林(功)副代表に『気負いすぎるな』とアドバイスをいただきましたので、そこに注意しながら強い気持ちで最後まであきらめずに闘います」

IMG_0417-2


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ