東京城南川崎支部 吉澤穂高 初段昇段レポート(2015年12月23日)


東京城南川崎支部 吉澤穂高 初段昇段レポート(2015年12月23日)この度は、昇段審査を受けさせて頂き誠にありがとうございました。

自分が空手を初めに行ったのは、スポーツクラブにある型だけの空手でしたが、6歳の頃下丸子道場の前を通った時に、ここでやりたいと思い、自分から入門しました。

初めの頃は、支部内の試合に出場しても、いつも途中で負けていました。
悔しくて家でも練習するようになり、支部内で優勝できるようになりました。

しかし、当時の全日本ジュニアでは、全く勝てませんでした。
また、悔しい思いをし、内藤先生に「もっと強くなりたい」と言い、泣きながら厳しい稽古を積んでいきました。

次第に結果を残せるようになり、小学校5・6年生の時には、ドリームカップで優勝することができました。
中学生の時には思うような結果が出ずに、何度も悔しい思いをしました。

昨年からは一般の大会にも出場させて頂き、全関東大会で3位に入賞することができ、昇段審査の推薦をいただく事ができました。

初めて受けた昇段審査は、甘くみていたところが気持ちのどこかに少しあったかもしれません。
当日は緊張し、余計な力などが入ったり、ふらふらな状態で、明らかに準備不足で、基礎体力が足りずに不合格になりました。

とても悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
気持ちを入れ替えて、半年間かけ基礎体力をつけ、今度はしっかり準備をしました。

その間にドリームカップ高校一年重量級で久々に優勝をし、2回目の昇段審査に臨むことができました。
前回よりは確実に基礎体力がつき、余力を残して10人組手に進むことが出来ました。

10人組手も、苦しみながらもやり抜くことができ、とても達成感のある良い経験になりました。

最後になりますが、入来師範、内藤先生、指導員の方々、諸先輩方、応援してくれた皆さんにとても感謝しています。

これからは、黒帯に恥じぬようよりいっそう厳しい稽古に精進していきます。押忍

東京城南川崎支部
支部長/責任者:入来武久
連絡先住所:神奈川県川崎市中原区宮内2-1-10
電話番号:044-766-1555
東京城南川崎支部ホームページ

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0