香川中央支部 上池晃代 参段昇段レポート(2017年3月5日)


香川中央支部 上池晃代 参段昇段レポート(2017年3月5日)この度は、昇段のお許しを頂き誠に有難うございました。

審査結果発表時は安堵しましたが、達成感は全くありませんでした。
現状を受け止め、今後に生かしていきたいと思います。

空手を始めて27年が経ちます。
紆余曲折、様々な出来事がありました。
今の自分があるのは必然だったのだと思います。

27年も空手を続けてこられた事の半分は「空手が好きだから」。
もう半分は「悔しさ」です。
試合で結果が残せずに、次こそはの繰り返しの選手時代でしたが、8年前の大会を終えた時は次に進む気力もなく、抜け殻状態になり、道場から足が遠のいていました。

そんな時、原内師範より少年部指導の機会を与えて頂きました。
また、数年前には師範代という立場を任せて頂いたりと、自分が存在する意味、意義が少しでもあることを感じ、一歩踏み出すことができました。

昇段を一つのきっかけに、改めて空手と向き合うと同時に、今いる場所でしっかり根を張って花を咲かせていけばと思います。

最後になりましたが、緑代表をはじめ審査をして頂いた師範方、ご指導頂いた外舘師範、総本部事務局の皆様、総本部道場の皆様、連続組手の相手を務めて頂いた盟友砂川師範をはじめとする精鋭の皆様、応援に来て頂いた三嶌家の皆様、香川で応援して頂いた道場生、ご父兄の皆様、支えてくれた家族、すべての方々に心より深く感謝申し上げます。

そして、ここまで導いて下さいました原内師範、大変ありがとうございました。

今後とも御指導、御鞭撻の程宜しくお願い致します。
新極真会ならびに香川中央支部の発展のため、微力ですが頑張らせて頂きたいと思っています。押忍

IMG_9386

香川中央支部
支部長/責任者:原内卓哉
〒761-0113香川県高松市屋島西町678番地80
アルファシティ屋島西町 壱番館 514号室
TEL 087-841-7173 
香川中央支部ホームページ


kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0