栃木支部 落合奏太 初段昇段レポート(2020年4月5日)


栃木支部 落合奏太 初段昇段レポート(2020年4月5日)この度は、昇段審査を受けさせていただき誠にありがとうございました。

私は5歳の時に空手を始めました。
きっかけは姉が先に空手をやっていて、それを何度か見に行っているうちに自分もやりたいと思い入門しました。

初めの頃は稽古の時にすぐに泣いていて、試合に出ても負けて泣いてばかりいました。
それでも、同じ時期に入門した友達に負けたくないと頑張っていくうちに、試合でも少しずつ勝てるようになり、空手を楽しいと思うようになりました。

また、僕は中学2年生の時に病気や怪我をして長い間しっかりと稽古をすることができませんでした。
それまでは稽古をすることが当たり前になっていたので、空手に行かない生活が考えられませんでした。

その時に、一回の稽古がどれだけ大切かが分かることができました。
どれだけ多く稽古をしても身が入っていなければ意味がないので、それからはどれだけ少ない時間でも一回一回集中して取り組めるようになりました。
こうして稽古に集中できるようになったのは、逆に病気や怪我のおかげかもしれません。

そして高校生になり、試合では一般部に出場するようになりました。
まだまだ結果は出せていないので、これからはより一層努力をして結果を出していきたいと思います。

最後に、この様な貴重な機会を下さった小林師範、本当にありがとう御座いました。
また、入門した時からここまで育ててくれた草階先生、今まで空手を続けさせてくれた家族にも感謝しています。

これからは新極真会の黒帯としてその名に恥じない人になれる様努力していきます。

今後ともご指導宜しくお願いします。押忍

※栃木支部情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0