Category Archives: ブロック大会

地元のホープ・古本翔基、悲願の初優勝はなるか!?

2013年を最後に優勝から遠ざかっている地元・広島支部勢だが、島本一二三・雄二兄弟に続く若手のホープ・古本翔基を筆頭に楽しみなメンバーが顔を揃え、王座奪還の機運が高まっている。
11月に世界大会が控える島本兄弟へ、勝ってバトンをつなぐことはできるか。

・大会名:第36回全中国大会
・大会日:2019年9月15日(日)
・開催場所:広島県立総合体育館
・アクセス:広島電鉄「紙屋町西」下車バス「紙屋町」または、「バスセンター」下車アストラムライン「県庁前」下車(西2出口)

新勢力台頭の予感 地元・新潟勢は悲願の初制覇なるか!?

6回目を迎えた全北陸大会。歴代王者が不在の今大会は、無差別・軽量級ともに優勝の行方は予測しがたい。
とくに無差別級は、悲願の初優勝を狙う新潟のエース・大山裕城以外は、すべて高校生という顔ぶれ。
県外からの大型選手を迎え撃つ新潟勢は、はたして王座を奪取することができるのか。
新潟県フルコンタクト空手道選手権で実力を磨いた新潟勢の真価が問われる闘いとなる。

・大会名:第6回全北陸大会
・開催日:2019年9月15日(日)
・開催場所:新潟市東総合スポーツセンター
・アクセス:JR東新潟駅から徒歩25分、新潟駅からはなみずき線450系統乗車、はなみずき停留所から徒歩3分

大阪発、空手で日本を世界を元気にする

毎年、様々な試みをしている全関西大会だが、今年は社会貢献が大きなテーマとなっている。
明るく健康な町づくりを目指して開催される今大会には、日本代表に選ばれた三上和久を筆頭に実力者たちが名を連ねることとなった。
注目を集める全関西の頂上に立つのは誰だ⁉

・大会名:第34回全関西大会
・大会日:2019年9月15日(日)
・大会会場:守口市民体育館
・アクセス:京阪電鉄「守口市」駅下車徒歩3分、地下鉄谷町線「守口」駅下車徒歩10分

北海道四天王を倒す新鋭が現れるか!?

全国レベルで活躍する選手の輩出に期待がかかる北海道地区は少しずつ実力者が育っている。
無差別の全日本大会やJFKO全日本大会にエントリーする選手が増えてきており、今回の全北海道大会でも軸がしっかりとしてきた。

ストップ・ザ・他流派 長野県勢よ立ち上がれ!

今回は長野支部の主催となる全中部大会。
昨年の長野県大会は他流派の選手が優勝という悔しい結果となったが、今回は新極真会勢が一丸となって『ストップ・ザ・他流派』を目指す。
会場となる松本市総合体育館のある松本市は国宝・松本城を中心とする旧城下町。
歴史と伝統ある街で初秋の熱い闘いが繰り広げられる。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0