MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京東支部 木下虹波 初段昇段レポート(2015年12月5日)  

東京東支部 木下虹波 初段昇段レポート(2015年12月5日)  

2016.01.11
昇段レポート

軌道

この度は、昇段審査を受けさせて頂き ありがとうございました。

僕が空手を始めたのは、小学校二年生の時です。
父に「いじめられている人を助けられる強い男になれ」と言われたのがきっかけで、空手を始めました。

最初の頃は、空手が好きではありませんでした。
道場に行っても痛く辛い事ばかりでしたが、毎週道場へ通って行くうちに仲間も増え、遠田師範代に下段の蹴り方、パンチの突き方を教わり、空手が楽しいと思えるようになりました。

空手を始めてから4ヶ月後、初めて大会に出場しました。
大会の前日はとても緊張し、夜も眠れず大会の朝を迎えました。

緊張しながらも大会に挑み、初めての大会で優勝する事が出来ました。
その時の嬉しさや達成感は今でも鮮明に残っています。

それから僕の目標は「全国大会で優勝する事」と「黒帯になる事」に決めました。
そして今、一つの目標を達成する事が出来ました。

これからは、黒帯として自覚を持ち、恥ずかしく無い行動をしていきます。

最後になりましたが、稽古中はとても厳しいですが、いつも温かい心で見守って下さっている遠田師範代をはじめ、昇段審査を見て下さった南里師範、基本稽古や移動稽古を教えて下さった東本指導員、中沢指導員、型を教えて下さった野島先輩、一緒に稽古をする大切な仲間達、いつも組手の相手をして下さる先輩方や大会などで応援して下さった皆様、そして両親、家族…今まで僕を支えて頂いた皆様に本当に感謝しております。

昇段審査で南里師範や遠田師範代から頂いたお言葉に恥じないよう、これからも稽古に励んで参ります。押忍

東京東支部
支部長/責任者:南里宏
連絡先住所:東京都江東区亀戸6-41-5-103
電話番号:03-3683-5609


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ