MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京東支部 澤下陽一 初段昇段レポート(2015年12月5日)

東京東支部 澤下陽一 初段昇段レポート(2015年12月5日)

2016.01.11
昇段レポート

ここからが本当の修行

この度は昇段審査の機会をいただきまた、昇段のお許しを頂き本当にありがとうございました。

僕が空手を始めたのは、7年前の幼稚園年長の時でした。
毎回毎回の練習は、最初はすごく楽しかったです。

しかし、帯や年齢が上がっていくうちに、型も組手も難しく厳しく、辛い練習になっていきました。
その練習を乗り越えてきたからこそ昇段審査の機会を頂けたのだと思います。

黒帯になることは、空手を始めてからの夢と目標でした。
だから黒帯になるために、型や組手を一生懸命やりました。

組手の練習では、先輩と組手をやり、辛い時が多くあり、もう嫌だと思う時もありました。
でも諦めないで空手をやっていたので、黒帯になれて本当に嬉しいです。

そして審査当日、ものすごく緊張して道場に入りました。
そして審査が始まりました。

南里師範や遠田師範代に見て頂きました。
はじめに準備運動、その後に基本をやりました。
南里師範に1つ注意をされました。

黒帯になってからが本当の修行なので、もっと練習をして注意をされないように、後輩に教えられる黒帯になりたいです。

次に移動が始まりました。
移動は足技が中心だったので、もっと準備運動が必要だったと思いました。

その次に型が始まりました。
型は練習をしていきましたので大丈夫だと思ったのですが、太極から始まりましたので間違えてしまいました。
太極は審査ではやらないと勝手に思い込み、練習をしていきませんでした。

最後になりましたが、今まで以上に全力で頑張りますので南里師範、遠田先生、黒帯の先輩方、これからもご指導宜しくお願い致します。
道場生・保護者の皆様本当にありがとうございました。

東京東支部 澤下陽一

東京東支部
支部長/責任者:南里宏
連絡先住所:東京都江東区亀戸6-41-5-103
電話番号:03-3683-5609


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ