MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京東支部 齋藤修 初段昇段レポート(2017年6月11日)

東京東支部 齋藤修 初段昇段レポート(2017年6月11日)

2017.07.10
昇段レポート

今日から新たな稽古の始まり

この度は、昇段審査の機会を与えて頂き、ありがとうございます。

黒帯への挑戦は、夢のような出来事です。
自分は幼い頃より運動が苦手で、長く続けられたスポーツや武道はありませんでした。

そんな自分がある日、町で極真空手の道場があることを知り、今までの自分を変えようと門をたたきました。
当初の目標は、稽古を積み試合に出場して初戦を突破することと、青帯くらいが取れればと思い、日々の練習をしていました。

運動神経が悪く、練習についていくのがやっとで、蹴りや突きなど上手く出来るまで時間がかかりましたが、厳しくも優しい先輩方のおかげで、2年で黄色帯まで行け、初出場した栃木関東交流大会で、決勝では負けてしまいましたが、一般初級の部で準優勝することが出来ました。

試合後の写真撮影の時に、自分の人生にもこんな事が起きるのだと、人生に勲章が出来たと感動をしたのを昨日の事の様に覚えています。

それからの自分は、転職などで中々稽古を集中的に行うことが出来ず、時間がかかりましたが、茶帯になり試合でも優勝を経験して、一歩一歩上に上げていくことが出来ました。
 
そして今、十人組手の審査を経て昇段することが出来ました。
当たり前ですが、自分一人では達成出来なかった事です。
 
これからは、真の黒帯をつけられる人間になる為に、新たな稽古の始まりだと思っています。
自分が学んだことや経験を後輩たちに伝え、黒帯としての自覚を持ち、それに恥じない道場訓にあるような人間を目指して、人との交流や稽古をしていきたいです。
 
最後に、自分をここまで精神的、肉体的に育てて頂いた南里師範、遠田師範代、いつも夜遅くまで稽古に付き合ってくれた先輩方、道場生の皆様、試合で一度での対戦した選手、空手を通して知り合った全ての方々に感謝しています。

今後とも、変わらぬご指導を宜しくお願い致します。押忍

東京東支部
支部長/責任者:南里宏
連絡先住所:東京都江東区亀戸6-41-5-103
電話番号:03-3683-5609


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ