MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 京都南支部 森圭亮 初段昇段レポート(2018年12月16日)

京都南支部 森圭亮 初段昇段レポート(2018年12月16日)

2019.02.20
昇段レポート

この度は、昇段審査の機会を与えていただきありがとうございます。

私は、小学一年生から空手を始めました。
色々な空手道場を見学しましたが、フルコンタクトにとても興味を持ち、京都南支部に入門しました。

小学三年生から試合に出場しましたが、負ける回数の方が多く、試合に出場する事が嫌になった時期もありました。

しかし、何度も試合に挑戦していると、少しずつ結果に繋がっていくようになりました。
そして、中学生の時初優勝し、努力すると結果に繋がる事を学ぶ事ができました。

中学生になり、友達が空手を辞めていく姿を見てとても辛く、自分も空手を続けるかどうか迷う時期もありました。

しかし、強くなりたいという気持ちが強かった為、諦めずに空手を続けられました。

また、厳しい稽古にも乗り越えられるようになり、色々な方々からお力添えをいただき、ここまでくることができました。

昇段審査のお声掛けを頂いてからは、嬉しい反面自信が無かった面もあり、複雑な気持ちでしたが、師範、指導員の方々、先輩方にたくさん教わり、練習を繰り返すことで自信がつき、審査会では、課題点を克服する事ができました。

10人組手では途中、心が折れそうになりましたが、いろんな方々に応援をしてもらい完遂することができました。

10年間空手を続け、一つの目標を達成する事ができ、一つの事をやり遂げる大切さを改めて感じることができました。

まだまだ気持ちの面、技術の面で反省すべき点を見つける事ができたので、今後の稽古で反省点を意識し、練習を積み重ね、今後試合でも結果を出せるように頑張ります。

最後になりましたが、村山師範をはじめ指導員方々、先輩方、道場生の皆様、そして家族に感謝しこれからも日々努力し、帯に恥じぬ、見本となれる者に精進していこうと思います。

これからもご指導のほど宜しくお願い致します。押忍

※京都南支部情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ