MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 北海道支部外舘道場 木村捷旭 初段昇段レポート(2019年10月13日)

北海道支部外舘道場 木村捷旭 初段昇段レポート(2019年10月13日)

2019.11.01
昇段レポート

この度、昇段審査を受けさせて頂き、また昇段をお許し頂き本当にありがとうございます。

私が空手を習い始めたきっかけは、4歳の時、1年前より父と姉が空手を習い始め、その姿がとても楽しそうだったので、私も習いたいと思い入門しました。
最初は、道場訓や基本、移動、型など覚える事も多かったですが、体を動かすことが楽しかったです。

小学生になり同じ年代の先輩や後輩と一緒に楽しく稽古に励み、型の意味や組手の楽しさを次第に覚え、試合に勝ちたい気持ちが出て休まず道場に通ったり、父と色々な技の研究をしました。
六年生の時にユース合宿に初めて参加させて頂き、全国の強い選手とたくさん稽古をして色々な事を学べ、とても勉強になりました。

中学生になり、勉強と両立しながら一般部の先輩から色々な技を教わりスパークリングで何度も試したりしました。
錬成大会や全北海道選手権大会でも成績を残せた事は本当に嬉しかったです。

高校生では先輩方が一般部の大会に出ていて、自分も出たいと強く思い、JFKO全日本フルコンタクト選手権大会や全日本選手権大会に出場させて頂きました。
素手素足で組手するのが嬉しく技を効かせて勝ちたい気持ちが高まりました。

稽古では少年部にも参加させて頂き、師範や父の指導サポートをしながら色々な事を学んでいます。
昇段審査会の十人組手では、普段一緒に稽古している先生、先輩方と真剣勝負の組手をすることが出来、十人目には父と戦えたのは本当に嬉しかったです。

これから初段として新たな一歩を踏み出します。
初段として恥じないように稽古、行事に参加して道場生と共に多くの事を学んでいきたいと思います。

今までご指導して頂いた外舘師範、先生、先輩、道場生の皆さんのおかげで昇段することができました。
本当にありがとうございます。

またここまで支えてくれた家族にも本当に感謝しています。
これからも空手を通じて成長していきたいと思っています。

今後とも宜しくお願いします。押忍

※北海道支部外舘道場情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ