MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京東支部 坂本鉄芯 初段昇段レポート(2019年12月15日)

東京東支部 坂本鉄芯 初段昇段レポート(2019年12月15日)

2020.02.05
昇段レポート

この度は、昇段審査の機会を与えて頂きありがとうございました。

僕は何をするにも弱気な自分を変えたくて空手を始めようと、小学五年生の時に新極真会の門を叩きました。

始めは練習も試合も大変で、辛くて、何度も挫けそうになりました。
しかし、その度に丁寧に教えて下さる遠田師範代や先輩方の背中に励まされ、ユース合宿やたくさんの大会を経て何事も諦めずに継続する大切さ、強さを学びました。

初めて道場へ伺ったその日、遠田先生の「俺がお前を強くしてやる」という言葉を胸に、強敵を前にして怖気ずく度にその言葉を思い出し自分を奮い立たせました。

黄帯の時に開催された関東交流大会で準優勝・総本部錬成大会で優勝した時は、初めてのトロフィーに家族が自分の事のように喜んでくれたのを今でも覚えています。

日々ご指導くださる先生方、一緒に練習してきた道場の仲間達、大会で戦ったたくさんの選手達、どんな時も応援してくれる家族。
1人では決して辿り着くことの出来なかったことだと思います。
たくさんの人の支えがあったからこそ、ここまで来れたのだと感謝しかありません。
これからはその恩返しをして行きたいと思っています。

空手を通じて学んだ痛み、強さ、優しさ、そして感謝の気持ちは自分の一生の糧になると思っています。

下を向いて歩いてばかりいた自分を変えてくれたこと。狭かった自分の世界を広げ、前を向いて歩くことを教えてくれた空手に本当に感謝しています。

空手をしている人の全ての目標である黒帯。
それに挑戦させて頂いたこと、そしてその黒帯を賜ったこと。
その名に恥じないよう、改めて気合を入れて稽古に励みたいと思っています。

この度は昇段審査を受けさせて頂き、本当にありがとうございました。押忍

※東京東支部の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ