MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 福岡支部 網川来夢 初段昇段レポート(2019年12月22日)

福岡支部 網川来夢 初段昇段レポート(2019年12月22日)

2020.03.10
昇段レポート

この度は昇段審査を受けさせて頂きありがとうございます。

今回の昇段審査受審を許可してくださった緑師範をはじめ日頃よりご指導していただいている先生方、今回の昇段審査を受審するにあたってサポートしてくれた家族、道場の先輩、後輩方々に心から感謝しています。

自分が空手を始めたのは6歳の時でした。
空手を初めてからずっと黒帯を取るという事が目標でした。

初めて間もない時は痛くて練習もすぐ泣いていてなかなか試合でも結果が出ず何度も辞めようと思いました。
それを引き止めてくれたのが両親でした。

最初は嫌々ながらやっていた空手ですが両親は毎回の練習や試合で1番隣でサポートしてくれて父は、仕事が休みの日も一緒に走ってくれたりマンツーマンで練習をしてくれました。
そんな両親や、指導してくれた先生方のおかげで中学1年生の時に初めてドリームカップで優勝することが出来ました。
その嬉しさは今でも忘れません。

中学校に入り、試合で成績は残せてもいつもあと一歩の所で負けてしまって何度も挫折しました。
そして、高校に入る前に一般の大会に1度だけ出てそれで空手は辞めようと思っていました。

しかし、自分を1番出せる場所も黒帯になりたいという目標も、両親やずっと指導してくれている先生に恩返しできるのは空手しかなくて続ける事を決めました。
そして、高校に入り以前よりも練習や練習以外でも沢山努力した結果もあり、アジア大会で優勝する事ができました。

いつも指導してくれてまた、試合の前にはマンツーマンで指導してくださった亀山真先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今では尊敬している先生方と同じ目標に向かっていることがとても自分の自信に繋がっています。

このように、今回黒帯を頂くことが出来たのも、決して自分1人の力ではなく両親や先生方の沢山の支えがあったことなので、これからも感謝の気持ちを忘れずに日々の稽古に励みたいと思います。

※福岡支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

南大阪支部 山根あずは 初段昇段レポート(2020年10月11日)
東京ベイ港支部 登坂英正 初段昇段レポート(2021年3月7日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ