MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京東支部 倉田湖羽 初段昇段レポート(2020年7月26日)

東京東支部 倉田湖羽 初段昇段レポート(2020年7月26日)

2020.08.24
昇段レポート

このたびは昇段審査の受審、また初段のお許しをいただき誠にありがとうございました。

私が空手を始めたのは小学一年の時から六年がたちました。

初めて体験をさせていただいた時に女の子の先輩が組手をしていて感動をし、とても惹きつけられる思いをしたのを今でも覚えています。
六年間の間に何回も組み手が恐くなり、どうしたら試合で勝てるのかと悩みました。

壁に差しかかるたびに、遠田師範代、道場の先輩方が乗り越え方を教えてくれました。
審査を受け帯の色が変わるにつれて、どんどん自信がついていき、遠田師範代に「昇段審査を受けてよい」と言っていただいた時は、とても嬉しく、同時にもっともっと稽古に専念しなきゃと自覚し練習に参加しました。

そして審査当日、練習してきた移動、基本稽古は上手くできました。
10人組手はみんな強くて何度も動きがとまりそうになりました。
それでも道場のみんなの応援の声で諦めずに頑張る事ができました。
この経験は一生忘れません。

最後になりましたが、私を支えてくださった南里師範、遠田師範代、組み手の相手をしていただいた先輩方、応援してくれた道場生のみなさん、本当にありがとうございました。

これからは新極真会の黒帯に恥じぬように頑張って、大好きな葛西道場で稽古に励んでいきたいと思います。押忍

※東京東支部の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ