MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 世田谷・杉並支部 塚本慶次郎 初段昇段レポート(2020年9月6日)

世田谷・杉並支部 塚本慶次郎 初段昇段レポート(2020年9月6日)

2020.12.22
昇段レポート

この度は、昇段審査を受けさせていただき、本当にありがとうございました。

僕が空手を初めたのは3歳半頃でした。
保育園に入園した時は、いつも泣いていたのでよくいじめられていました。
それを見た師範である父が空手を始めさせてくれました。

最初の頃は空手に行きたくなくよく泣いていましたが、試合に出始めるようになり「優勝したい」という気持ちが湧き一生懸命練習をするようになりました。
それから沢山の試合にでるようになり優勝もできるようになりました。

そして中学生になってからは、壮年部の方々、世界大会、全日本に出る先輩方とも練習をするようになり、少年部の時よりももの凄くきつい練習になりました。
自分の隣で世界、全日本チャンピオンを目指す先輩達の稽古を目にし、自分の練習がいかに甘いかを思い知らされました。
師範からも練習に対する執念がまだまだ足りないと怒られていたのは、この事だったのかと実感しました。

僕は自分で限界を作っていました。
そこが自分の甘えだと感じました。

『限界を作ってはいけない』この言葉は師範から教えていただきました。
自分で限界を作らずこの言葉を意識し練習をするようになりました。

今回昇段審査を受け10人組手は想像以上にきついものでした。
しかし応援してくださる道場の先輩方のおかげで10人組手を終えることができました。
本当に自分は沢山の方達に支えられているのだと思い感謝の気持ちでいっぱいになりました。

黒帯になったからには、大会で必ず結果を出し、いつも稽古をつけてくださる師範、一緒に練習をしてくださる先輩方、応援をしてくださる皆さんの為に恩返しができるよう
に頑張りたいと思います。

今回は本当に有難うございました。押忍

※世田谷・杉並支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

世田谷・杉並支部 矢野美里 初段昇段レポート(2020年12月20日)
世田谷・杉並支部 能代維英 初段昇段レポート(2020年9月6日)
世田谷・杉並支部 髙橋佳嗣 初段昇段レポート(2020年9月6日)
世田谷・杉並支部 伊藤煌彩 初段昇段レポート(2020年9月6日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ