MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 和歌山支部 溝端一仁 初段昇段レポート(2020年10月4日)

和歌山支部 溝端一仁 初段昇段レポート(2020年10月4日)

2020.12.23
昇段レポート

この度は、昇段審査を受けさせて頂きありがとうございました。
僕が空手を始めたのは、一人っ子で近所には子供がいなかったこともあったので、父に体力をつけるために空手をしてみたらと言われ、家の近くにあるかつらぎ道場を見つけてくれたのがきっかけでした。

両親が働いているため、小さい頃から道場の送り迎えは祖父がほとんどしてくれていました。
仕事が休みの日や試合の日は両親が送ってくれて応援してくれていました。

僕は運動が苦手なうえ、人見知りで入門した頃は気が乗らず周りの目をよく気にしていて、練習には全く身が入っていませんでした。
しかし、木村先生はこんな僕を見放さず、いつも熱心に指導してくれていました。

僕はそんな木村先生の熱意に応えようと思い、一生懸命練習に励み、小学3年生で初めて試合に勝つことができました。
その時は先生や両親、祖父母も喜んでいてくれて、僕はとても嬉しかったのを覚えています。

その後も木村先生に的確なアドバイスを頂き、段々と自信もついてきました。
試合では、相手がものすごく強くて思うように動けずほとんど負けてばかりで悔しく、稽古も辛く何度も空手を辞めようかと思ったこともありました。
それでも僕は木村先生が続けていくことが大事だと言っていたことを思い出し、ここまで頑張ってこられました。 

昇段審査では自分が今までやってきた稽古の成果を発揮し、精一杯頑張ろうと思いましたが、自分が思っていた動きが満足に出来ず、実力のなさと普段の稽古の大切さを改めて実感しました。

そして、十人組手が始まるのがとても早く感じ、より一層緊張しましたが、応援に駆けつけてくれた楠見先生の声援もあって諦めずに最後まで頑張ることができました。
おかげで昇段審査も無事終わることができました。

僕はこれからも稽古に励み、黒帯に恥じない実力を持っていけるように努力していきます。

最後になりましたが、今回審査をしてくださった先生方、十人組手に駆けつけてくれた先輩方、そして指導してくださった木村先生と楠見先生、本当にありがとうございました。押忍

※和歌山支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

和歌山支部 濵中秀明 初段昇段レポート(2020年10月4日)
和歌山支部 谷本妃佑 初段昇段レポート(2020年10月4日)
和歌山支部 和田将弥 初段昇段レポート(2020年10月4日)
和歌山支部 大西慶歩 初段昇段レポート(2020年12月20日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ