MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 和歌山支部 谷本妃佑 初段昇段レポート(2020年10月4日)

和歌山支部 谷本妃佑 初段昇段レポート(2020年10月4日)

2020.12.23
昇段レポート

この度は、昇段審査を受けさせて頂きありがとうございます。

私は小さな頃から身近に空手がある、そんな環境で育ってきました。
そのため、私はいつ空手が出来るのだろうとわくわくしていたのが今思うと入門のきっかけだったと思います。

いつも兄の背中を追いかけ、入門出来た時はとても嬉しかったです。
 
初めての試合では組手に出場し、三位入賞する事が出来ました。
当時まだ四才だった私は、何も分からず周りの人が喜んでくれている姿を見てもっといっぱい勝ちたい、喜んでほしいと思いました。
 
大きくなるにつれ、稽古はどんどんきつくなっていきました。
男子とする組手も力の差を感じるようになったのは、高学年になってからです。
それでも男子にだって負けたくないと稽古に一生懸命取り組んできました。
黒岡師範から昇段審査を受けるお許しを頂いた時はとても嬉しかったです。

審査当日、基本、移動、型と進み、最後の十人組手は私が一番にする事となりすごく緊張しましたが、周りを見るとたくさんの人が応援に来てくれていて、こんな所で情けない姿を見せたくない、今までやってきた事をすべて見てもらおうと思い最後まで頑張りました。

審査をして頂いた黒岡師範を始め先生方、十人組手の相手をして下さった皆さん、応援に来てくださった皆さん本当にありがとうございました。
そして、これまで指導して下さった前田勝汰先輩、いつも一緒に稽古して下さる皆さん保護者の方々、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
今まで以上に頑張っていきます。
これからもよろしくお願いします。

※和歌山支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

和歌山支部 大西慶歩 初段昇段レポート(2020年12月20日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ