MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 南大阪支部 廣瀬沙菜 初段昇段レポート(2020年10月11日)

南大阪支部 廣瀬沙菜 初段昇段レポート(2020年10月11日)

2021.02.03
昇段レポート

この度は昇段のお許しを頂き、ありがとうございました。

私が入門したのは小学2年生の時で、父に勧められ気が付いたら友達と弟と一緒に見学に行っていました。
初めて空手を見て格好良いなと思ったことや休憩の時に先輩にミットを叩かせていただいたことを覚えています。
そこで私が空手を習いたいと言ったのが私が入門したきっかけです。
その日、なぜ空手をしたいのかと師範に尋ねられたところ私は理由が分からず「お父さんとお母さんを倒したいから」と言ってしまいました。

入門してからすぐの頃、夜の稽古は今までは寝ているような時間だったのでよく眠たくなっていました。
ですが稽古は好きで毎週稽古に行き、勝てはしなかったけれど試合にも出場していました。
また、今までは黒帯なんて夢のまた夢だと思っていました。
しかし、それから8年という月日が経ち、昇段の許可を頂くことができ、とても嬉しく思っています。

審査当日はすごく緊張しましたが全て集中し練習してきたことを出し切ることが出来ました。
初めは拳立てとスクワットを100回ずつなんて自分には出来ないんじゃないかと思っていましたが、毎日コツコツ練習していくうちに出来るようになり、日々の努力の積み重ねは大事だということを改めて感じました。
組手では、他の昇段受信者や自分の動画を見て自分の未熟さを改めて思い知らされ、もっと頑張らなければいけないと思いました。

小学校高学年になり道場生と仲良くなれ、たくさん試合に出ていて毎回のように入賞しているみんなの姿を見て「私も強くなってたくさんトロフィーを貰いたい」、「いろいろな型を覚えたい」と思い始めました。
その頃から出稽古にもたくさん行きほぼ毎日練習するようになったり合宿にも参加させてもらったりしました。
合宿では私よりもはるかに強い子達が沢山いてとても良い練習になり、それから色々な試合で優勝出来るようになりました。

高校生になり勉強がより忙しくなったり留学や大学受験があったりと、稽古に行ける回数も減っていますが、文武両道出来るよう頑張ります。
内藤師範をはじめ師範代、先輩方、今まで指導をしてくださりありがとうございました。

黒帯としての自覚を持ちこれからも日々精進しますのでよろしくお願い致します。押忍

南大阪支部
連絡先住所:大阪府藤井寺市岡2丁目8-41 浦岡ビル3・4F
電話番号:072-939-7397


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ