MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京山手支部 岩井正太 初段昇段レポート(2020年12月20日)

東京山手支部 岩井正太 初段昇段レポート(2020年12月20日)

2021.02.15
昇段レポート

この度、昇段審査を受けさせていただきまして、誠にありがとうございます。
このような状況下の中、審査会を開いていただき、またここまでの道のり及び、当日の皆様のご協力なくしては成しえなかったものと思います。
重ねて御礼申し上げます。

小学5年生の時に両親に連れられて、目黒道場に入門させていただき、約20年、受験や就職など、休会してしまった時も短くなかったかと思います。
ですが、自分の生活に時間が作れるようになり、自らの意志で道場に通い続け、今回の審査を受けさせていただけるまでとなりました。

学生時代、心身ともに弱く自分に自信を持てる何かがなく、中途半端な日々を送ってきたと思います。
佐伯先生に出会い、柏木先生に出会い、空手を通じて、体を鍛え、心を鍛え、自分に自信が持てる生き方ができていると思います。

昇段審査を受け、しっかりと準備をしたつもりでしたが、終わってから振り返ると「もっとできたのではないだろうか」と後悔する部分が多々思い出されます。
それと同時にまだまだ、成長できる、もっともっと稽古を積めば昇段審査以上の力を付けることはできる。と思う部分もありました。

最後に柏木先生をはじめ、十人組手の相手をしてくださった皆様、常に一緒に励んできた仲間たちには本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

これからも東京山手支部目黒道場の一員として、黒帯を締める自覚をしっかり持ち、後輩たちに負けぬよう精進していきたいと思います。押忍

※東京山手支部情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ