MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 大分県央支部 門柳学 弐段昇段レポート(2020年12月20日)

大分県央支部 門柳学 弐段昇段レポート(2020年12月20日)

2021.03.30
昇段レポート

この度は、昇段審査を受審させて頂き又、弐段昇段へのお許しを頂き、今朝丸師範本当にありがとうございました。

初段を頂いてから6年ぶりの審査となりお声を掛けて頂いた時は正直迷い、躊躇していました。

そんな自分に、「後に続く人の為にも上に上がるべきだよ」と言って頂き決心がつきました。

しかし年初頭から今もなお世界中に猛威をふるい生活を一変させてしまった新型コロナウィルスの影響もあり、なかなか気持ちも付いてこず、苦労しましたが、今回同年代で同時期に昇段した藤本先生との二人での受審だったので、心強く日々の稽古でも励みになりました。

迎えた審査当日、お互いに頑張ろうと讃え合い何とか全ての項目をやり終えました。

終了後に師範から「二人とも弐段合格です」との言葉を頂いた瞬間に何とも言えないホッとした気持ちとこみ上げて来る達成感が今でも忘れられません。

本当に受けてよかったと心から思えました。
とても自分一人の力では乗り越えれない壁でしたが、共に苦労を分かち合う仲間の支えがあり精いっぱいの応援があり乗り越えれたのだと思います。

型が覚えられず何回も何回も個別に指導していただいた師範、阿南師範代、審査に向けての稽古に夜遅くまで手伝ってくれた道場生のみんな、ご父兄の方々、当日も審査の手伝いや十人組手の相手を努めて下さった諸先輩方そしてお互い仕事もある中、家庭を支え自分のやりたい事をさせてくれる妻と家族にも感謝しかありません。

全ての人にこの場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

最後になりますが、新極真会大分県央支部の弐段の帯を締める者として皆の手本となるよう日々精進し恩を返していけるよう努めてまいります。

これからも宜しくお願い致します。押忍

※大分県央支部情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ