MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 静岡支部 和田朋美 初段昇段レポート(2021年2月13日)

静岡支部 和田朋美 初段昇段レポート(2021年2月13日)

2021.03.30
昇段レポート

この度は昇段審査を受けさせていただき、ありがとうございました。

私が空手を始めたのは、泣きながら学校から帰ってきた長男の『強くなりたい』という言葉を聞き、一緒に強うなろう!と親子で小豆餅道場に入門させていただいたのがきっかけです。

当時は女性の道場生がほとんどいなかった為、稽古に行きづらいと悩んだり、何度か心が折れたこともありました。

その度に先生、先輩方から励ましのお言葉をいただき、精神的にも助けられました。
一つのことを続けることの大切さを我が子に伝えたいという思いもあり、今日まで続けてくることができました。
空手を始めて8年経ちますが、途中で諦めなくて良かったと心から思っています。

私は運動神経が特別良いわけでもなく、入門当初は腕立て伏せもできない生徒でした。 そんな私に時には厳しく叱咤激励し、温かく丁寧に教えてくださった啓之先生、私の昇段審査のために貴重なお時間を割いてご指導くださった先輩方、キツい稽古を一緒に頑張ってきた仲間達、昇段審査を受審するにあたり、週に3〜4回道場に行くことを許可してくれた家族、たくさんの方々に支えていただき昇段することが出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。

審査当日も、極度の緊張でガチガチの私に永島師範、早川師範代はじめ、多くの方々にお声掛け頂き、とても心強かったです。
本当にありがとうございました。

それなのに連続組手では不甲斐ない組手をしてしまい、情けなさと恥ずかしさと、これまで応援してくださった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
しかし、それが今の私の実力であり弱いところであると改めて認めることができたことで新たな目標ができました。

今後は新極真の黒帯の名に恥じぬよう、常に目標を掲げ、日々稽古に励み精進していきたいと思いますので、これからもご指導よろしくお願い致します。押忍

※静岡支部の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ