MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 北海道支部外舘道場 金谷子龍 初段昇段レポート(2020年12月27日)

北海道支部外舘道場 金谷子龍 初段昇段レポート(2020年12月27日)

2021.02.16
昇段レポート

この度は、昇段審査において初段をお許し頂き誠にありがとうございました。

私が空手を始めたのは今から約1 年ほど前、アクション映画を見て『かっこいい』『こういう人になりたい』『こういうことが出来るようになりたい』とそう思ったことがきっかけで父と一緒に空手の道を歩むことになりました。

始めたばかりの頃はとても泣き虫で、痛いことが大の苦手だったので行きたくない日もありました。
しかし辛くても自分自身で絶対痛みで涙は出すなと言い聞かせてやってきました。

自分に負けない気持ちで稽古を長く続けていると、あれだけ苦手だった痛みにもある程度慣れて耐えられるようになり、組手中も色んな技、コンビネーション等の考えが出来るようになりました。
気がつけば先輩たちが辞めていく中、多くの後輩たちに囲まれ、私が先輩として皆のお手本となるようにと稽古に励んできました。

ここまで空手を続けれたのは父を始め、時に厳しく時に優しく接してくれた数々の先輩たちのおかげだと思っています。

初めての昇段審査でしたが、不思議と当日は緊張も無く落ち着いていました。
しかし今までの昇級審査とは違った雰囲気を感じました。

型は少し急ぎ過ぎていたようで、稽古してきた間の取り方が本番では出来ませんでした。
これからの課題として、緩急を意識して型の稽古をしていきたいと思っています。
体力審査では自分が想像していたより力を発揮できたと思います。

10人組手では自分の番が来る直前で緊張し始めました。

その緊張が影響したのか一人目で飛ばし過ぎてしまい、スタミナ管理がなっていないと思いました。
10人目では今まで一番近くで私を支えてくれた父が相手をしてくれました。
自分の為だけでなく稚内道場の皆や支えてくれた家族の為にも最後まで頑張れて良かったと思います。

これからも初心を忘れることなく後輩たちが目標とする1人になれるように、そして黒帯に恥じぬよう切磋琢磨し精進していきます。
今までご指導頂いた外舘師範、先生、先輩、道場生の皆様本当にありがとうございました。

今後ともご指導宜しくお願い致します。押忍

※北海道支部外舘道場情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ