MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 愛知中央支部 黒田蒼 初段昇段レポート(2021年7月11日)

愛知中央支部 黒田蒼 初段昇段レポート(2021年7月11日)

2021.10.19
昇段レポート

この度は昇段審査を受けさせて頂き、また昇段のお許しを頂きありがとうございました。

昇段審査では組手だけでなく、基本、移動、型の一つ一つの動作を丁寧に行うことを意識して臨みました。
十人組手はとても苦しく、心が折れそうになりましたが、十人目が父であることがモチベーションになり最後までやりきることができました。

自分は小学2年生の頃に父に憧れて空手を始めました。
小学三年生で初めて試合に出場し、この試合では優勝することが出来ましたが、その後はどんな試合に出ても思うような結果が出ず、悔しい気持ちと『自分は空手に向いていない』『やめた方がいいのでは』という思いが募るばかりでした。
ですが、今この状態でやめてしまったら自分の中で絶対に悔いが残る、応援してくださっている方々に何も返せずに終わってしまうと思い、不器用ながら精一杯稽古を続けてきました。

稽古の成果が試合で生きてきたのは中学生になってからでした。
ようやく県大会や地方大会で入賞、優勝できるようになり、自分に自信を持てるようになりました。

自分は空手を通じて心身ともにたくさんのことを学びました。
どんなに苦しくても諦めずに継続し続けることの大切さ、負けたことから学ぶことの大切さ。そしてここで得た学びを今後の稽古や試合はもちろん、日々の生活にも活かしていきたいと思います。

最後に応援してくださった先輩方や道場の仲間、道場生のご父兄の方々、ご指導してくださった山本師範、高田師範代、松本指導員、清水指導員、将口恵美指導員、将口美希指導員、本当にありがとうございました。

今後は黒帯という自覚を持ちながら日々精進していきたいと思います。
これからもよろしくお願い致します。
本当にありがとうございました。押忍

※愛知中央支部の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ