MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 静岡支部 山下青空 初段昇段レポート(2021年7月25日)

静岡支部 山下青空 初段昇段レポート(2021年7月25日)

2021.10.22
昇段レポート

この度は昇段のお許しを頂き、初段昇段審査を受審させて頂きありがとうございました。

私と空手との出逢いは、2012年10月 浜岡中学校の体育館2階を見に行き そこで空手を見て一目惚れをして入門させて頂いた事が始まりでした。
極真空手の魅力に魅了され、中部圏の各支部で行われる大会が開催される度 出場させて頂き、夢中になって稽古に取り組んでいた2018年、それまで私が出場するなど夢にも思わなかったドリームカップへ出場するとともにユース合宿という大きな経験人生経験をさせて頂きました。

その後 2020年1級を取得させていただき黒帯への夢が近づいてきましたが、そこでコロナウィルスなどの影響で稽古が出来なくなっていきモチベーションを保つのが大変でしたが、少なからず稽古が再開出来るようになり その後は必至で稽古に打ち込みました。

今回のレポートではとても書ききれない10年間の思い出があり、多くを割愛させていただきましたが、永島師範、早川師範代、分支部長の先生方、道場生の皆様、愛知、岐阜、三重、長野の試合にてお手合わせを頂き支部の垣根を無く声をかけて頂き応援してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。

約三千日をもって初心となり、これからの空手人生 微力では御座いますが静岡支部へ恩返しと貢献が出来るよう精進してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。押忍

※こちらで掲載している昇級者氏名は、支部道場より頂いた昇級者データを参照しています。
静岡支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

静岡支部 久野博敏 弐段昇段レポート(2021年7月25日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ