MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 神奈川北加藤道場 佐野孝太 初段昇段レポート(2021年8月22日)

神奈川北加藤道場 佐野孝太 初段昇段レポート(2021年8月22日)

2021.10.19
昇段レポート

この度はコロナ禍という今までにない状況の中、本来であれば審査会の開催すら厳しいところ、感染対策をしっかりとして審査会を開催し、昇段審査を受けさせていただきありがとうございます。

私が空手を始めたのは小学校2年生の時です。
小学生のうちは特に明確な目標がない状態で稽古をしていました。
しかし、中学生になってからは試合に勝ちたいという気持ちが強くなりなっていきました。
そして、大会で勝てるようになりましたが、やはり、空手をやっているからには黒帯になりたいという気持ちがありました。

そういった気持ちを持ったまま月日が経ち、周りの人たちが黒帯になっていく中、私も早く黒帯になりたいという焦りとぞ自分は本当に黒帯になれるのかという不安がありました。
そのような感情を抱えながら稽古していたときに、加藤道場長からの昇段審査の話をいただきました。

昇段審査を受けることを決めてから緊張していましたが、特に前日から当日にかけては、気持ちが落ち着かず不安になりましたが、昇段審査が始まってからは落ち着くことができました。
しかし、昇段審査は最初から過酷で、10人組手では何度も心が折れかけましたが、道場の方々の応援があり、何とか10人組手を完遂することができました。

最後になりますが、今まで指導をしてくださった加藤道場長、10人組手の相手をしてくださった先輩方、応援してくれた道場の方々、本当にありがとうございました。
これからは黒帯として恥じぬように今まで以上に精進していきます。押忍

※神奈川北加藤道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

神奈川北加藤道場 西村洋二郎 初段昇段レポート(2021年8月22日)
大山総裁の教えを墨守したカルマン師範の生涯
北海道函館道場 中村康弘 初段昇段レポート(2021年8月29日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ