MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 岐阜支部 栗本幸生 弐段昇段レポート(2021年12月19日)

岐阜支部 栗本幸生 弐段昇段レポート(2021年12月19日)

2022.02.21
昇段レポート

私が生まれ育った岐阜の地で新極真会(旧極真会)の門を叩いて稽古を始めた当時、私に新極真空手を基礎から教えて下さった恩師である杉原師範と新野四段が締めていた帯が弐段で、世の中にこんなにも強くて優しく威厳のある人達がいるのだと尊敬の気持ちを抱いたのと同時に、私もいつか弐段の帯を取りたいと思っていました。

そんな私も新極真空手を始めて24年の月日が経ち、この度憧れの弐段に昇段する機会を与えて頂きました。
昇段審査を受けるからには全力で取り組んで、誰が見ても納得してもらえるような内容で合格を頂けるように仕上げようと心に決めて日々稽古に取り組みました。

その甲斐あって久野師範より合格のお言葉を頂きました。
自分ではしっかり稽古して審査に臨みましたが審査内容ではまだ不十分な所もあったのでこれからも精進して、一層己を磨いていきたいと思います。

今回の審査で目標を明確に持つことの大切さが改めてよく解りました。
目標がしっかり定まればプロセスが明確となり課題が見えてくるので、その課題や苦手を意識して稽古に取り組めました。
 
今ようやく私が入門当初に憧れていた弐段に辿り着きました。
しかし、これが終点ではなく新しい一歩の始まりだと感じております。
新境地に立ってさらに心身を錬磨して次に続く人達の手本になれるように努力していこうと思います。
 
末筆になってしまいましたが、昇段の機会とお許しを頂いた久野師範に心より感謝申し上げます。
そして一緒に稽古してくれた先輩や仲間達、応援して下さった方々、その全てが力になりました。
本当にありがとうございました。押忍

※岐阜支部の情報はこちらよりご確認下さい


関連コンテンツ

大山総裁の教えを墨守したカルマン師範の生涯
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ