MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 岐阜支部 多賀俊公 初段昇段レポート(2021年12月19日)

岐阜支部 多賀俊公 初段昇段レポート(2021年12月19日)

2022.02.21
昇段レポート

この度は、昇段審査をお許しいただき、ありがとうございました。

私が新極真会に入門したきっかけは、同級生からの誘いからです。
もともと中学生の頃の剣道の授業で、武道をやっている人は凛としていて格好いい自分も何かやりたいと思っておりました。

しかし気が付けば30代半ばになっており、子供に空手を習わせるところですが、自分がやりたいことは子供に託すのではなく自分でやらねばと思い入門させていただきました。

大人の空手道場というと怖いイメージがあったのですが、久野師範の温厚な人柄に集まる道場の皆さんは、良い人ばかりで続けることができました。
稽古では、運動神経が悪い方ですので、基本をしっかり忠実に再現するために、基本稽古を大事にしようと日々心掛けて稽古をしておりました。

組手で高校生に下段を効かされ次の日に歩けない日もありました。
怖いし痛いなと思いながらも通い続け、徐々に打たれ強くなってきた時に、ちょっと嬉しくなっている自分がいました。

そんな中、腰のヘルニアになってしまい休会せざるを得ない状況になりました。
一年あまり空手を離れることになったのですが、辞めるとは考えず早く復帰したいと思っていました。

この頃には空手にどっぷりハマっていたのだと思います。
復帰後は、順調に帯の色が上がっていきました。

しかし緑帯になった時、今までの先輩方の姿と比べて、自分は果たして同じレベルになれたのであろうかと思い、それからは帯に見合った人になれるようにと、緑帯、茶帯と稽古をいたしました。

そして今回の昇段審査に臨ませていただきました。
今まで一緒に稽古をしていただき、怪我をした時にも励ましてくれた久野師範と同級生、道場で出会った先輩方、続けさせてくれた家族に感謝いたします。

そして審査を振り返って、まだまだの部分を感じましたので、これで終わりではなく更に精進していきますので、これからも宜しくお願いします。押忍 

※岐阜支部の情報はこちらよりご確認下さい


関連コンテンツ

大分県央支部 小石川和彦 弐段昇段レポート(2021年12月19日)
岐阜支部 栗本幸生 弐段昇段レポート(2021年12月19日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ