MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 北海道支部外舘道場 金谷智己 弐段昇段レポート(2021年12月26日)

北海道支部外舘道場 金谷智己 弐段昇段レポート(2021年12月26日)

2022.03.09
昇段レポート

この度は、弐段の審査を受ける機会を与えて頂き、また昇段をお許し頂き誠にありがとう御座いました。

私は現在、稚内の道場で指導をさせて頂く立場で、約1年前に初段になった長男と高校生の次男の2人の息子の力も借り指導させて頂きながら日々空手に向き会い稽古に励んで参りました。

そうした中、今回外舘師範より弐段への昇段審査のお話を頂いた時は、空手を始めた当初の夢が弐段取得だったというのもあり、とても嬉しく思いました。

前回、初段の審査を受けてから約6年の月日が経ち、その間、怪我なども重なり十分な稽古が出来ない日々が続いていました。
その為、審査直前まで自分は本当に今、この状況で受けていいのか悩んでいましたが、審査に向けた稽古の為、札幌の外舘師範の元に何度か足を運ばせて頂き、ご指導頂いていると不安だった部分が少しずつ無くなり受ける決意が出来ました。

審査当日は基本、移動、型の審査、体力審査と続き、至らない点は多々ありましたが、自分の出せる精一杯を出しました。
最後の十人組手では稽古不足の為か早々にスタミナが切れてしまいましたが、先生、先輩、道場生の応援もあり気持ちを奮い起こし完遂する事が出来ました。

2人の息子も相手をしてくれ、その力強い組手が成長を強く感じる事が出来ました。

今回昇段審査会のサポートをして頂いた師範代、先生、先輩、道場生の皆様、また、稚内道場生の皆様、応援して頂き有り難う御座いました。
未熟な私を2人の息子が審査会に向けてサポートしてくれた事でここまでやってこれたと感謝しています。

また、私の空手人生を見守り支えてくれている妻にもとても感謝しています。

最後に外舘師範には親子共々お世話になり心より感謝致します。
これからも新極真会の弐段の帯に恥じぬよう、生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うしたいと思います。押忍

※北海道支部外舘道場情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

北海道支部外舘道場 木村利彦 弐段昇段レポート(2021年12月26日)
世田谷・杉並支部 前山瑛成 初段昇段レポート(2021年12月19日)
世田谷・杉並支部 宮下周邦 初段昇段レポート(2021年12月19日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ