MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 愛知中央支部 浅野拓海 初段昇段レポート(2022年1月30日)

愛知中央支部 浅野拓海 初段昇段レポート(2022年1月30日)

2022.04.04
昇段レポート

この度は昇段審査を受けさせて頂きありがとうございます。

僕が空手を習い始めたのは小学1年のときです。
お父さんに勧められ見学に行き先輩方の稽古を見て「僕もこんな風に強くなりたい」と思い入門することにしました。         

初めて試合で負けた時は、すごく悔しい気持ちになり、そこから「もっと強くなる!」と思い毎日、稽古に励むようになりました。

試合では結果を残すことがなかなか出来ず心が折れる事もありましたが応援してくれている方々に応えたくて「自分のライバルは自分」と言い聞かし必死に頑張ってきました。
そして試合で結果を残す事ができ勝つ事の喜びを知ってからは少しずつ自分に自信を持てるようになりました。

昇段の10人組手では自分の思ったような組手が出来ず心残りもありますが、たくさんの方々が応援して下さったので全力を出す事が出来たと思います。

昇段審査をして下さった山本師範をはじめ高田師範代、指導員の方々、10人組手をして下さった方々、父兄の皆様、本当にありがとうございました。

これからも心と体を鍛える為に日々稽古に励みたいと思いますので、これからも宜しくお願いします。押忍

※愛知中央支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

愛知中央支部 竹山詩音 初段昇段レポート(2022年1月30日)
愛知中央支部 小川昌男 初段昇段レポート(2022年1月30日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ