MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 静岡支部 井上かおり 弐段昇段レポート(2022年2月6日)

静岡支部 井上かおり 弐段昇段レポート(2022年2月6日)

2022.04.04
昇段レポート

私が、入門したきっかけは、社会人になり2年目の頃、仕事でストレスを抱えてた当時、たまたま会社の電子掲示板で、「極真空手始めませんか」の文字を見て、憂さ晴らしに門を叩いたのが、後の静岡支部でした。

初段を取得し、何年か経った頃、支部が大きくなるに連れて、色々なことが嫌になり、空手から離れた時期がありました。
引越しなどもあって、入門当時通っていた磐田本部道場とは別の分支部道場に所属していたため、私が稽古にしばらく来ていないとは知らないと思っていた永島師範から、同じ会社ということもあり、社内メールで「ちょっとこっちのフロアに遊びに来いよ。」と突然連絡を頂き、慌てて隣のフロアに行きました。

その時、稽古に行かなくなった理由を話したら、「もう黒帯なんだから周りの雑音なんか気にせずに、自分が強くなることだけを考えて空手を続ければいいんだよ。」と言われ、心が軽くなったのを覚えています。

その後、横浜出張の際、懇意にさせて頂いている吉岡先生の金沢文庫道場に見学に行った時、稽古の内容に刺激を受け、今も自主トレに取り入れているメニューがあります。

また、その時、同年代の金沢文庫道場生が、静岡支部の私のことを知っていて、声を掛けて頂き、以前は出場していた全関東大会に最近エントリーしてないのを気に掛けてくれていたのには、驚いたのとありがたさも感じました。

自分一人でいろんな事と戦っているつもりでしたが、迷ってる時や悩んでいる時に、いつも誰かが声を掛けてくれたり、気に掛けてくれるお陰で、弐段に辿り着くことが出来ました。

島田道場に見学に来て、私を見て入門を決めてくれたと言う稀有な女の子や、黒帯の女の先輩がいるから大丈夫と勧められて入門してくれた女の子達に恥じないように、これからも尽力していきます。

最後に、今まで続けて来られたのは、松村先生の指導があったからにほかなりません。
また、いつも一緒に稽古している島田道場生にも感謝申し上げます。
ありがとうございました。

※静岡支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

静岡支部 山本剛 弐段昇段レポート(2022年2月6日)
静岡支部 梅田雄司 弐段昇段レポート(2022年2月6日)
静岡支部 大石文子 初段昇段レポート(2022年2月6日)
静岡支部 山本百華 弐段昇段レポート(2021年7月25日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ