MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 江戸川道場 矢吹悠聖 初段昇段レポート(2022年3月20日)

江戸川道場 矢吹悠聖 初段昇段レポート(2022年3月20日)

2022.05.08
昇段レポート

この度は昇段のお許しを頂き、ありがとうございました。

僕は4歳の時、父の勧めで空手を始めました。
小さかったので最初は遊びに行くような感覚で稽古に参加をしていましたが、学年が上がり大会に出る機会も増え、いつも道場で一緒に稽古をしている仲間たちが大会で勝ち上がりトロフィー、自分は思うような結果が出せずとても悔しかったです。

勝ちたいという一心で、稽古に参加できない時は放課後学校のグラウンドを走り体力づくりをしたりするようになりました。
組手が痛くて、道場に行きたくない時期もありましたが、いつもご指導くださっている遠田道場長に恩返しをしたいという気持ちを心の支えにして根気強く頑張り続けた結果、前回のドリームフェスティバルでは、目標の一歩手前まで勝ち上がることができました。
目標まで勝てなかったのはとても悔しかったですが、勝てたこともとても嬉しかったです。
1つの事を諦めず努力すれば報われるということを信じ、これからも頑張ろうと思いました。

昇段審査では、基本、移動は自信を持ち披露できましたが、緊張してしまい型では思うような動きができませんでした。
挽回しようと意気込んで臨んだ十人組手では、2人目の先輩に突きを効かされてしまい、心が折れそうになり、何度もその場に倒れそうになりましたが、遠田道場長、先輩方、仲間たちの応援のおかげで、十人組手を達成することができました。
達成した後は、ほっとした気持ちと嬉しさで胸がいっぱいでした。

この度の昇段は、これまでご指導くださった遠田道場長、先輩方、一緒に稽古をしてきた仲間たちのおかげだと感謝しております。
遠田道場長が日ごろおっしゃられている『空手は黒帯を取ってからが本当の修行』という言葉を心に刻み、これからは黒帯としての誇りと責任を持ち日々精進してまいります。押忍

※江戸川道場の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

江戸川道場 布田澄 初段昇段レポート(2022年3月20日)
江戸川道場 小澤統士 初段昇段レポート(2021年9月5日)
江戸川道場 肥田大樹 初段昇段レポート(2021年9月5日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ