MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 愛知中央支部 畠中もみじ 初段昇段レポート(2023年1月29日)

愛知中央支部 畠中もみじ 初段昇段レポート(2023年1月29日)

2023.03.26
昇段レポート

この度は昇段審査を受けさせて頂き、また昇段のお許しを頂き、誠にありがとうございます。

自分が空手を始めたのは9歳の時でした。
兄がやっているのを見て自分もやってみたいとと思い空手を始めました。

選手の時はたくさんの大会に出場させていただき、時には入賞するとこができとても嬉しく思い、日々練習を重ねてきました。
空手を始めた時の1つの目標でもあった昇段審査のお話を頂いた時は嬉しく思う気持ちと同時に身が引き締まる思いでした。

昇段審査を受けさせて頂くまでの期間では基本、型、移動、などの細かな点をご指導頂き審査に向け日々の練習を重ねました。

昇段審査当日は不安や緊張がありましたが、今まで稽古してきたことを全て出し切る思いで向かいました。

基本、移動、型、ー本組手が終わり山本師範から十人組手に挑戦することが出来ることを伝えて頂いた時、最後の十人目までやり切ろうと、もう一度気持ちを強く持つことが出来ました。

最後の10人目では道場の先生である花田先生が相手をして下さり最後まで諦めずに自分の力を出し切ることが出来ました。

最後になりましたが、ご指導して頂いた山本師範、花田先生、道場の先輩方、道場で一緒に稽古をして頂いた皆さん、両親、最後まで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

これからは黒帯としての自覚を持ち恥じることなく頑張っていきたいと思います。押忍

※愛知中央支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

三重北道場 藤田昌寛 初段昇段レポート(2023年1月29日)
愛知中央支部 長谷川卓海 初段昇段レポート(2023年1月29日)
愛知中央支部 奥村航 初段昇段レポート(2023年1月29日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ