MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京江戸川支部 蛭田理佐 初段昇段レポート(2023年9月24日)

東京江戸川支部 蛭田理佐 初段昇段レポート(2023年9月24日)

2023.11.07
昇段レポート

この度は、昇段のお許しをいただき誠にありがとうございます。

私は小学3年生の時に、スポーツクラブにある新極真会の空手に通い始めました。
習い始めると空手の魅力にすっかりはまり、毎週楽しみに通っていました。
その後小学5年生になってから、遠田支部長の西葛西本部道場へ移りました。

初めて西葛西本部道場へ行った時は、自分の弱さを痛感しましたが、それ以上に先輩方の組手にワクワクしました。道場に通っているうちに、「強くなったね」と声をかけてもらえるようになり、「自分もいつか黒帯になりたい。そして先輩方のように強く優しい人になりたい」と思うようになりました。

昇段のお許しをいただいたとき、本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
しかし審査の日が近づくと、だんだん緊張と不安が強くなってしまいました。

いよいよ審査当日、移動や型の審査では、「緊張しないで落ち着け」と自分に言い聞かせながら動きました。
混乱してしまったところもありますが、精一杯集中して行いました。

十人組手では、遠田支部長はじめ、師範の方々、先輩や友達のサポートと応援のおかげで、「自分から攻める」「やられたら、やり返す」を思い出し、最後まで頑張ることができました。

私はこれまで空手を継続できたのは、いつも稽古が楽しかったからだと思います。
遠田支部長は、空手の指導以外にも、世の中でのわきまえ、教養など大切なことをいろいろと教えてくださるので、稽古を通して自分が成長できていると実感することができます。

また優しい先輩方や空手が好きな友達に出会えたことは、私の宝物だと思っています。
これからも、空手が好きという気持ちを大切に、もっと強くなれるよう精一杯努力いたします。押忍

※東京江戸川支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

東京江戸川支部 木村拳 初段昇段レポート(2023年9月24日)
東京江戸川支部 ロワイエ優心 初段昇段レポート(2023年9月24日)
宮城支部 山田雄二 四段昇段レポート(2023年2月26日)
東京江戸川支部 染谷奏音 初段昇段レポート(2023年6月4日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ