MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 大阪北摂支部 濱田勅史 初段昇段レポート 2011年12月11日

大阪北摂支部 濱田勅史 初段昇段レポート 2011年12月11日

2012.07.25
昇段レポート

入門時を振り返って

 この度は昇段への機会をいただき、誠にありがとうございました。

 思えば道場へ入門するきっかけとなったのは盆休みに帰省した時、親友の息子で四万十具同支部に通っていた中学生の子が、実家でバーベキューをしている時にビッグミットを持ってきて、みんなで蹴りや突きをして遊んでいたことでした。

 私が突きや蹴りをしている時に「おっちゃんの蹴り、しなっちょらん」と言われ、その時に同じ新極真会に入門し、来年帰省した際、再度蹴りを見てもらおうと思い大阪へ戻ってきました。
 
 今回、一緒に昇段審査を受けた平石さんと仕事で移動中に「ここに道場あるやん、一回見にいこや」と言われていたのを思い出し、同じ新極真会なら直ぐに入門しようと再度道場を確認しに行きましたら、同じ新極真会北摂支部だったので躊躇せずに和田道場に入門させて頂きました。 

 以前から格闘技は好きでしたが、実際入門すると痛いという思いが先立ち、高校時代から友人に誘われもしましたが、断っていました。
 
 でも今回は、子供に言われて大人げなく腹が立ち、絶対に来年見返すという思いの方が強く、痛さの方は全然気になりませんでした。でも思えば35歳で入門し、前厄の40歳で昇段審査を受けさせて頂き、ありがとうございました。これからも後輩たちに負けないよう精進したいと思います。
 
 仕事が建築現場と言うこともあり、空手をはじめてから礼儀・忍耐・度胸を学び、今では仕事の方にも役立っています。稽古の際のミット打ちやスパーリングのことを思うと、仕事の辛さも苦にせずがんばれるという思いが、自分の中では一番よかったと思います。10人組手という普通では体験できないことも本当にうれしく思います。
 
 これからも新極真会の黒帯として恥ずかしくないよう、精進していきたいと思います。ここまでやってこられたのも、家族の協力なしにはできなかったと思います。本当に感謝しています。
 
 最後になりましたが、和田師範、先輩方、道場生の皆様、10人組手の相手をして下さった先輩方、本当にありがとうございました。これからも新極真会の黒帯として恥じぬようがんばっていきますので、これからも宜しくお願い致します。

 押忍

大阪北摂支部
支部長/責任者:和田勝
連絡先住所:大阪府吹田市内本町1-1-23阪急吹田駅前ビル2F
電話番号: 06-6382-0999
大阪北摂支部ホームページ


関連コンテンツ

大阪北支部 正岡実桜 初段昇段レポート(2020年11月3日)
和歌山支部 濵中秀明 初段昇段レポート(2020年10月4日)
大分県央支部 門柳学 弐段昇段レポート(2020年12月20日)
香川中央支部 三嶌さらら 初段昇段レポート(2020年10月25日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ