MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京豊島支部 佐藤りさこ 初段昇段レポート(2021年3月7日)

東京豊島支部 佐藤りさこ 初段昇段レポート(2021年3月7日)

2021.04.05
昇段レポート

この度は昇段審査を受ける機会を下さり、誠にありがとうございました。

新極真会に入門してから15年の月日が経ちます。
しかし、この15年間、ずっと空手に邁進してこれた訳ではありません。
一時期は空手が嫌で仕方がなくて距離を置くこともありました。
そんな私が黒帯を取れる日が来るとは夢にも思っていませんでした。

昇段審査当日は非常に緊張しましたが、一生懸命練習に励んできたことを全て出し切ろう、苦しくても絶対に最後までやり抜こうという強い気持ちで臨みました。

途中苦しいと感じる場面が何度かありましたが、最後までなんとかやり遂げ、今までに感じたことのない達成感を味わうことができました。
このような経験をできたことは、人生の大きな財産です。

空手をしていなければこのような経験を得られなかったと思います。
紆余曲折はあったけれど空手を続けてきて良かったです。

空手を通して礼儀を学び、様々な事を経験し、沢山の方と出会い、人として大きく成長することができました。

また、強さ、優しさ、たくましさ、美しさを備えた人間になれるよう、努力していこうと思います。

指導者でもある父親に、反抗的な態度をとってしまう事も多々ありました。
しかし、いつも一番近くで見守り、試合や昇段審査前にしてくれたアドバイスは大変心強く、私にとって大きな励みとなりました。

また、いつも応援をしてくれたり、元気をくれる家族の皆には感謝してもしきれません。
本当にありがとう!!

最後になりましたが、群馬支部から豊島支部への移籍後丁寧に、そして熱心に指導をして下さった佐野先生、温かく迎え入れて下さった目白道場の皆さんや応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

今回の審査で、自分に足りていない部分が見つかったので、初心に帰って、より一層稽古に精進していこうと思います。押忍

※東京豊島支部の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ