MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京城南川崎支部 井上ほの花 初段昇段レポート(2021年12月26日)

東京城南川崎支部 井上ほの花 初段昇段レポート(2021年12月26日)

2022.03.09
昇段レポート

この度は、昇段審査を受けさせていただきありがとうございました。
城南支部で昇段をお許しいただけたことが本当に幸せです。

私は、小学校一年生から空手を始め、中学に上がる際部活に入ると同時に、空手から一度離れてしまいました。
ですが、小学校時代に自分の納得のいく結果で終わることができなかったため、改めて新極真会東京城南川崎支部で白帯から始めさせていただきました。

城南支部に来たばかりの時は、ブランクが空いていたことで体力は落ち、技術は小学生の時のままで練習についていくのがやっとでした。
そのうえ、周りの選手たちは有名な強い選手ばかりで、歳は余り変わらないのに、全く歯が立たず凄く悔しい思いをして、空手から離れてしまった自分を責めていました。

ですが、今になり考えてみると、一度空手から離れてなければ入来師範をはじめ、アドバイスをくださったり、遠くまで応援に駆けつけてくださる先輩方や辛い時も一緒に頑張ろうと言ってくれる道場の仲間達、そして大好きな小島先生に出会うことは無かったんだと思うと、あの時の選択は間違えていなかったんだと自信を持って言えます。

城南支部の皆様の支えで今の私がいます。
本当にありがとうございます。

その事を忘れず、これからは城南支部の黒帯として恥じない行動を心がけ、支えて下さる皆様に必ず結果で恩返しが出来るようこれからも精進していきます。押忍

※東京城南川崎支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

大阪神戸湾岸支部 西岡秀人 初段昇段レポート(2021年9月5日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ