MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 東京城南川崎支部 田中幸太朗 初段昇段レポート(2023年4月16日)

東京城南川崎支部 田中幸太朗 初段昇段レポート(2023年4月16日)

2023.05.31
昇段レポート

この度は昇段審査の受審の機会を頂き、誠にありがとうございました。

7年前の自分はフルコンタクト空手がどんなものか、あまり知りませんでした。
初めて体験入門に行った時の指導員の先生の型が素晴らしく、これは仕事に役に立つのではないか?と型に専念するつもりでいました。

しかし、最初の審査会の組手の時に初めて『人と本気でぶつかり合う』ということを経験し、そこから空手にどっぷり魅了されました。

自分は不器用で、テクニックもなく、格闘センスもおそらくない方だと思います。
それでも指導員の方に言われた『稽古は裏切らない』、この言葉を胸に稽古に励み、そして日々上達している自分を感じていました。

空手を通じて仲間のありがたさ、立ち向かい諦めない心、継続する事の大切さを学ばせて頂きました。
そして目標であった新極真会の初段という名誉ある段位を頂けて、心から嬉しく思っています。
これからも引き続き学び、精進していきたいと思います。

自分がここまでこられたのも入来師範、建武先生、津守先生、豊島先生、先輩方、稽古を一緒に頑張ってきた道場の仲間達、そしてそれを見守ってくれている家族のお陰だと思っています。

この場を借りて御礼申し上げます。

※東京城南川崎支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

栃木支部昇級者(2023年4月16日)
群馬支部 菅原伸一 初段昇段レポート(2023年3月12日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ