Category Archives: 大会情報

絶対に自分が他流派を止めるという気持ちで全選手に臨んでほしいーー塚越孝行

塚本徳臣、鈴木国博という歴代世界チャンピオンがいる中で、 彼らを目標にして日本一となり、そして世界一となった。 偉大なライバルたちと切磋琢磨することで圧倒的な強さを 手に入れることができた元王者は、新世代の台頭に注目していた。

新極真のみならず、フルコン界の 中心が決まる大会だと思いますーー鈴木国博

今年7月に白血病が再発し、現在は療養中の 鈴木支部長だが、入院先で電話取材にご協力 いただいた。空手や全日本大会、新極真への 熱い思いは、どれもエネルギーに満ちていた。

格闘技の頂点は空手だという 気概を持った人間の1番が見たいーー塚本徳臣

歴代最多の全日本V5を誇る塚本支部長に、
世界大会後の傾向やエースの条件を聞いた。
武道家としての心構えが試される今大会で、
塚本イズムを継承する選手は現われるのか。

他流派勢の2連覇か?新極真の王座奪還か?

コロナ禍での開催にも関わらず、史上最多タイとなる37名の精鋭が集結した女子。第12回世界大会チャンピオン・南原朱里が不在の中、第1シードは久保田千尋、菊川結衣と、ともに他流派勢が占めた。並みいる強豪を相手に、第50回大会で流出した王座を新極真勢が奪還できるかが、大きなテーマとなる。

フルコン界のヒーローは誰だ!?日本エースを巡る歴史に残る闘い

絶対王者・島本雄二が出場していない今大会は、何が起こってもおかしくない波乱の条件が揃っている。世界大会後の全日本大会は、すべて新王者が誕生していることがひとつ。他流派の強豪選手が名乗りを挙げていることも、群雄割拠に拍車がかかっている。さらに、新型コロナウイルス感染対策として史上初の無観客で大会が開かれることや、新極真会のトップランナーが揃わなかったことが不安定要素を呼び込んでいる。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0