Category Archives: 代表メッセージ

次なる目標は加盟123カ国

東京は春と夏に挟まれた雨の季節、梅雨です。ジメジメとした湿気の多い時期ですが、見事に咲き誇る紫陽花の鮮やかな色合いが気持ちを晴れやかにしてくれます。夏が待ち遠しい、そんな気持ちです。

第12回世界大会、最終選抜迫る

新極真会の最大イベントである第12回世界大会の開催が迫ってまいりました。各地区各国でも選抜戦が活発に行われているようです。日本でも5月18日・19日に大阪で開催されます第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の戦績をもって最終選抜をし、日本選手団が編成されます。

新極真会は人種、国境、宗教を超えたOne Big Family

寒い冬が終わり柔らかく暖かい春に突入してまいりました。
昨年末から、各地区各国で第12回世界大会に向けた代表選抜戦が活発に行われていると思います。こうした戦いと並行して、主催国である日本でも事務局を中心に大会準備を活発に行っております。

フルコンタクト空手の世界標準化、国際連盟の創設に向けて

寒さが一段と厳しくなってまいりました。今年も明けてひと月が過ぎ、日の経つ早さを痛感しています。
日本では1月13日に、大山総裁の眠る護国寺で毎年恒例の鏡開き稽古会を行い、本年のスタートを切りました。当日は抜けるような青空の下、寒さも少し和らぎ、在りし日の大山倍達総裁を感じながら、約200名の参加者とともに全力の稽古と演武を奉納しました。気合いを込めた突き、蹴り。その一本一本に、今年一年の精進の誓いを込め、爽快さと心地よい緊張を共有しました。あらためまして、今年一年頑張っていきましょう。

第12回世界大会に加盟国100カ国を記念する祝典を

今年最後のメッセージです。皆さん、年末を控えてお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。各道場やご家庭では一斉に大掃除に取り掛かっているように見受けます。慌ただしい年の瀬、寒いなかで一年間、修行の場としてお世話になった道場をみんなの手できれいにして新年を迎える。大掃除は日本的な伝統であり、ある種の修行ともいえます。大掃除をしながら、この一年を振り返る。仲間に感謝、道場に感謝。そして、流れゆく日々に感謝。万事に感謝を添える武道的な考えをもって、皆さんそれぞれの一年を締めくくってみて欲しいと思います。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0