Category Archives: 代表メッセージ

加盟国100カ国を目指して

来年7月に迫った第6回全世界ウエイト制大会に向けて世界各地区で熾烈な予選が繰り広げられています。日本でも5月21日、22日に開催された第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会を第1次選抜戦と位置付け、男子8名、女子4名を日本代表に選抜致しました。

大山総裁の23回忌法要で生涯修行、生涯一武道家を誓う

 4月26日は極真空手の創始者であります大山倍達総裁の没後22年目の祥月命日でした。本年はこの命日に先立つ4月23日にご宗家が主催する23回忌法要(施主 大山喜久子極真会館代表)が護国寺で厳粛に執り行われ、そこに出席をしてまいりました。

全世界ウエイト制大会に向けて始動

 皆様、日頃は新極真会の発展に向けて温かいご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございます。春になりました。
 まさに桜の季節真っただ中です。総本部のある東京では、今まさに桜は満開で、何やら新しい物ごとの始まりを予感させるような、また桜の淡いピンクに心が和むような、そんな気持ちに包まれてきます。皆さんは、世界中の各地でどのような今をお過ごしでしょうか。健やかな日々を過ごされ、充実の瞬間を重ねられることを祈念いたします。

今年をNF元年として、IF創設の礎を固める一年に

 日の経つのは早いもので2016年に入ってひと月が経ちます。四季の美しい日本では冬本番。寒さが一段と厳しくなっていますが、世界中の皆さんはいかがお過ごしですか。1月10日には毎年恒例の鏡開き稽古を大山総裁が眠る護国寺で行いました。

国際的なフルコンタクト空手界の大同団結が活発化した2015年

さる10月31日、11月1日の両日に開催した感動の第11回世界大会から1ヶ月余が経ちました。
超満員のご来場者から大きな声援を受けたなか、男子は島本雄二選手、女子はチェンゲ・ジェペシ選手が頂点に駆け上がり見事優勝に輝きました。あらためて両選手の偉業を祝福すると同時に、両選手を指導し、支えてこられた師範や先生方のご尽力に心からの敬意と感謝の意を表します。おめでとうございます。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0